店長日記

32

『いこまいけ金屋町』完成!
「さまのこ」の家並みと石畳が続く、高岡鋳物発祥の町に
『金屋町おもてなしマップ』が完成しました。

高岡市鋳物資料館をはじめ伝統産業に関係する鋳物工房・加工所・販売店などを紹介しています。
もちろん『焼印・クラフト山善』も似顔絵付きで載っています。

ぜひ、高岡市『金屋町』にいこまいけ!
被災地区、そして日本の復興に小さな事からみんなで協力しましょう。

また、宮城・岩手にお住まいのお客様の安否と復興を心から祈っております。
富山でも地震を感じました。
まさか、こんなに酷くなるとは思いませんでした。
被災された方の安否が心配です。
何を言っていいのか言葉が見つかりません。
おや?これは!驚いた!?

先日、休憩中にフジテレビの昼ドラ「さくら心中」をふと見ていると、部屋のシーンで役者さんの後ろに映っているではありませんか!?

うちの『行灯』が!!『雲錦』が!!!

行灯の灯りも点いて良い感じに存在感ありです。
『雲錦』も良いですが、オススメは情緒がある『武蔵野』です。
魯山人好み行灯

猿山?サルの山?サルの手!!
先日、サル手を仕上げました。

ざっと600本・・・。気が遠くなる作業です。
でも、お客様に喜んでもらえる様に丁寧に仕上げています。

画像のサル手は鋳物の肌のまま。

サル色?ではなくネズミ色ですが、この後に着色しますのでご安心下さい。
『跳ねうさぎ』追加発売!

梅雨が明けましたね!

今年の夏は暑そうです・・・。 

干支シリーズ焼印に『跳ねうさぎ』を追加しました。

古典的だけど、なぜか愛らしい焼印で、2011年の記念品や新商品の企画にどうぞ。

『うさぎちゃん&うさぎくん』新発売!
梅雨の真っ只中。蒸し暑い毎日ですが、

新商品の焼印が出来ました。

干支シリーズ焼印 『うさぎちゃん』と『うさぎくん』

可愛いキャラクターの焼印で、2011年の記念品や新商品の企画にどうぞ。

もちろん、どうぶつ好きの方にもオススメですよ。
『御印祭』 金屋町400年の歴史
私が住んでいる金屋町のお祭りです。

高岡鋳物発祥の地 『金屋町』

高岡銅器の礎を築いた加賀藩2代藩主前田利長公に感謝し、利長公の命日である毎年6月20日に行われます。
6月19日の前夜祭には、鋳物師の作業唄民謡「弥栄節(やがえふ)」の踊りが千本格子の町に流れます。
情緒のある提灯明かりの中で、竹棒を使う男踊り、手ぬぐいが舞う女踊りがあるお祭りです。
銀色?のシャチホコ!!
現在、シャチホコを製作中。

高さ60cm位のアルミ製でオス・メスの1対。


写真はアルミの地肌ですが、最終的には金箔が貼られて綺麗になります。

今までに何体か製作しましたので、愛知県のどこかで見られるかも・・・。

焼印から立体像まで、製作が出来ますので、お気軽にお問合せ下さい。
発見!白い大判焼
8月23日の日曜日。
ドライブ日和の夕暮れでした。

石川県道の駅「内灘サンセットパーク」にて『白い大判焼』を発見しました。

3色の大判焼に3種類の焼印をお店の方が丁寧に押していました。
その大判焼に押してある焼印は『山善』で製作したものです。

焼印と大判焼に、つい見とれてしまい嬉しくなりました。
白い大判焼は人一倍美味しく頂いた事は言うまでもありません。

本当に美味しいので是非味わってみて下さい。
オススメはピンクのクリーム大判焼。生地とクリームのバランスが絶品です。
【焼印製作】Aさまからのメッセージ
先日、納品したAさまから焼印の感想を頂きました。
満足して頂き光栄です。
ありがとうございました。


色々と親切なアドバイスを、本当にありがとうございました。
印面の大きさも、ちょうど良かったです。
直して貰ったデザインで、文字もちゃんと見えました。
押してみて、仕上がりにとても満足です。
ありがとうございました。
こだわりの焼印が完成しました

しろがね屋 裕翠からの特注焼印が完成しました。
裕翠の中山裕晃氏は同じ高岡市に住む金工作家であり、良き仲の先輩でもあります。
中山氏のこだわりの文字を形にするには難しいサイズでしたが綺麗に仕上がりました。
 
同じ金工職人として「こだわり」を持つ事の大切さを先輩から教えられました。
また、色んな事をご指導下さい。ありがとうございました。

【しろがね屋 裕翠ブログ】http://blogs.yahoo.co.jp/hiron0702beat